2010年1月28日木曜日

新しい論文(100103-100110)

☆Nature☆

Anthropogenic carbon dioxide transport in the Southern Ocean driven by Ekman flow
T. Ito, M. Woloszyn & M. Mazloff
Nature 463, 80-83 (7 January 2010) doi:10.1038/nature08687
→海洋循環と炭素サイクルの高分解能モデルを用いて、南大洋における人為起源二酸化炭素のシンク調節機構を調べた。海洋の炭素取り込みと気候変動が、エクマン輸送の時間的な変動を介して密接に関連していることを示唆している。
【最新論文(Nature, Science)】


☆Science☆

Reefs as Cradles of Evolution and Sources of Biodiversity in the Phanerozoic
Wolfgang Kiessling, Carl Simpson, and Michael Foote
Science 8 January 2010: Vol. 327. no. 5962, pp. 196 - 198, DOI: 10.1126/science.1182241
→顕生代における生物多様性の発生源および進化の温床としての岩礁。化石の解析から、岩礁は新しい種の発生において極めて重要であったことが示唆された
【最新論文(Nature, Science)】


☆Geobiology☆

Activities and distribution of methanogenic and methane-oxidizing microbes in marine sediments from the Cascadia Margin
H. YOSHIOKA, A. MARUYAMA, T. NAKAMURA, Y. HIGASHI, H. FUSE, S. SAKATA AND D. H. BARTLETT
Geobiology, Published Online: 5 Jan 2010, DOI:10.1111/j.1472-4669.2009.00231.x
→カスカディアのIODP Exp.311掘削コアで、メタン生成とメタン酸化の遺伝子量とトレーサー実験。メタンハイドレートがある堆積物その場で、メタンが生成されている? 浅い堆積物で生成されたメタンが鉛直輸送されてくるという地球化学モデリングを否定。
【地下生物圏2】

0 件のコメント:

コメントを投稿