2010年2月10日水曜日

科学ニュース(100201-100207)

Affect Long-Term Natural Climate Trends?
ScienceDaily (Feb. 7, 2010)
→紅海の有孔虫d18OからMIS11と完新世の海水準を復元。完新世の間氷期が軌道要素変動から予測されるよりも数千年長いのではという説(数千年前から人為起源GHGありという説)を議論。Earth and Planetary Science Lettersに論文。

New Hubble Maps of Pluto Show Surface Changes
ScienceDaily (Feb. 5, 2010)
→冥王星をハッブル宇宙望遠鏡で観測した結果、冥王星の輝きが数年前よりも著しく赤みを増したらしい。冥王星は単なる氷と岩石の球体ではなく、大気が劇的に変化する活力あふれた世界であることが立証されたらしい。

Chemistry: Whence Homochirality?
Science, Editors' Choice, February 5, 2010
→Orig. Life Evol. Bios.誌に、キラリティーの起源にまつわる特集。

Oceans Reveal Further Impacts of Climate Change
ScienceDaily (Feb. 5, 2010)
→Oceanography誌の12月号に、海洋酸性化の特集号。南極海が特に危ないらしい。

Yale Shrinks Graduate Programs to Save Money
ScienceIncider, February 4, 2010
→Yale大学は、大学院生の入学者?を15%減らして、5000万ドルを浮かせる計画らしい。様々な経費削減策。

NASAが5か年予算案を発表、歴史的な方針転換
AstroArts, 4 Feb 2010
Obama Proposes Ending NASA's Human Space-Flight Program
ScienceIncider, 1 Feb 2010
Canceled Moon Shot Pays for NASA Science Boost
ScienceIncider, 2 Feb 2010
→NASAは2011年度から5年間の予算を2010年度より増額し、有人月探査計画を凍結することで基礎技術開発などに注力すると発表した。

Fossils Show Earliest Animal Trails
ScienceDaily (Feb. 3, 2010)
→5.65億年前(エディアカラ紀)に、動物による引き摺り生痕化石を発見。カンブリア大爆発より3000万年前にすでに移動可能な動物が存在した。Geologyに論文。

New Research Rejects 80-Year Theory of 'Primordial Soup' as the Origin of Life
ScienceDaily (Feb. 3, 2010)
→「生命の起源は海洋有機物スープ」という長年の理論を否定し、熱水噴出孔が生命起源の場という説。別に新しい説ではない気がするけど…。

Environmental Disaster in Southern Spain Compared With Cretaceous Mass Extinction
ScienceDaily (Feb. 2, 2010)
→1998年にスペインの鉱山から大量の有害物質が流出して広範囲の生物が死滅した事件を、K/T大量絶滅と比較。絶滅後の生態系回復は、短い時間スケールで起きた? Geobiologyに論文。

The 2011 Science Budget Roundup
ScienceNOW Daily News, 2 February 2010
U.S. Budget: Science Spared From Domestic Spending Freeze for Now
Science, News of the week, 5 February 2010
→オバマ政権によるアメリカ科学予算の2011年の計画が発表された。多くの機関・プログラムが増額。

Ocean Science Gets Big Boost in 2011 Budget
ScienceIncider, 2 Feb 2010
→NOAA(アメリカ大気海洋局)は2011年予算では14%(55億ドル)増が見込めるらしい。最近10年間で最大の増加幅。地球システムモデルや海洋酸性化などの研究が勝ち組らしい。いいなぁ。

IPCC flooded by criticism
Nature News, Feb 2 2010
→IPCCが最近、批判の洪水にさらされていて大変らしい。ちなみに第五次報告書の編者・著者募集は、3月には締め切って、作業に入るらしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿