2010年2月15日月曜日

新しい論文(100208-100214)

☆Nature☆

The next generation of scenarios for climate change research and assessment
Richard H. Moss, Jae A. Edmonds, Kathy A. Hibbard, Martin R. Manning, Steven K. Rose, Detlef P. van Vuuren, Timothy R. Carter, Seita Emori, Mikiko Kainuma, Tom Kram, Gerald A. Meehl, John F. B. Mitchell, Nebojsa Nakicenovic, Keywan Riahi, Steven J. Smith, Ronald J. Stouffer, Allison M. Thomson, John P. Weyant & Thomas J. Wilbanks
Nature 463, 747-756 (11 February 2010) doi:10.1038/nature08823
→国際社会が直面している気候変動に関する最も困難かつ重要な問題のいくつかを調べるための、妥当と思われるシナリオを作成する新しい過程について述べている。
【最新論文(Nature, Science)】

Zonal flow formation in the Earth’s core
Takehiro Miyagoshi, Akira Kageyama & Tetsuya Sato
Nature 463, 793-796 (11 February 2010) doi:10.1038/nature08754
→外核内の液体鉄の動きなどを、「地球シミュレータ」で計算した結果、外核の最も外側の部分には地球の自転と逆向きのわずかな流れがあり、その内側には上下方向の対流ができた。
【最新論文(Nature, Science)】

Non-random decay of chordate characters causes bias in fossil interpretation
Robert S. Sansom, Sarah E. Gabbott & Mark A. Purnell
Nature 463, 797-800 (11 February 2010) doi:10.1038/nature08745
→単純な構造の脊索動物を用いた実験により、腐敗が起こると化石の進化の程度が低く見積もられることが今回示された。こうした結果、最も古い脊椎動物とそれに先立って現れた動物の進化の証拠の解釈に誤りが生じる。
【最新論文(Nature, Science)】


☆Science☆

Sea-Level Highstand 81,000 Years Ago in Mallorca
Jeffrey A. Dorale, Bogdan P. Onac, Joan J. Fornos, Joaquin Gines, Angel Gines, Paola Tuccimei, and David W. Peate
Science 12 February 2010: Vol. 327. no. 5967, pp. 860 - 863, DOI: 10.1126/science.1181725
→地中海の洞窟の石筍から復元された海水準では、81kaに現在よりも1m高かった。他のデータでは、30m低かったとされる。数千年の間に、回水準が急上昇してまた急下降した?
【最新論文(Nature, Science)】


☆Geophysical Research Letters☆

Emissions of anaerobically produced methane by trees
Rice, A. L., C. L. Butenhoff, M. J. Shearer, D. Teama, T. N. Rosenstiel, and M. A. K. Khalil
Geophys. Res. Lett. (2010) 37, L03807, doi:10.1029/2009GL041565.
→地面の下で嫌気的に生成されたメタンが、樹木の葉から排出されている。60 ± 20 Tg year-1にも達するらしい。炭素同位体組成も-54‰と重め。
【最新論文(地球科学系)】


☆Rapid Communications in Mass Spectrometry☆

Method for improved secondary ion yields in cluster secondary ion mass spectrometry
Tim M. Brewer, Christopher Szakal, Greg Gillen
Rapid Communications in Mass Spectrometry, Published Online: 12 Feb 2010, DOI:10.1002/rcm.4423
→SIMSを使った有機分子検出では、グリセロールを使うと感度が100倍とか上昇するらしい。
【最新論文(化学系)】

Bodily variability of zinc natural isotope abundances in sheep
Vincent Balter, Antoine Zazzo, Aidan P. Moloney, Fred Moynier, Olaf Schmidt, Frank J. Monahan, Francis Albarède
Rapid Communications in Mass Spectrometry, Published Online: 12 Feb 2010, DOI:10.1002/rcm.4425
→羊の様々な器官の亜鉛の同位体組成(d66Zn)を分析すると、1‰を超える変動があった。捕食プロセスで、食物から生体バルクへ0.25‰上昇する?
【最新論文(化学系)】

A gas chromatography/pyrolysis/isotope ratio mass spectrometry system for high-precision dD measurements of atmospheric methane extracted from ice cores
Michael Bock, Jochen Schmitt, Melanie Behrens, Lars Möller, Robert Schneider, Celia Sapart, Hubertus Fischer
Rapid Communications in Mass Spectrometry, Published Online: 12 Feb 2010, DOI:10.1002/rcm.4429
→氷床コア中の微量なメタンの水素同位体比を測定するための、自動化されたGC/P/IRMSシステムを構築。1nmolのメタンで、3.4‰の精度で測れるらしい。
【最新論文(化学系)】


☆Annual Review of Marine Science☆

Microbial Provinces in the Subseafloor
Matthew O. Schrenk, Julie A. Huber, and Katrina J. Edwards
Annual Review of Marine Science, Vol. 2: 279-304, doi:10.1146/annurev-marine-120308-081000
→海底下生命圏のレビュー。
【地下生命圏】


☆Progress in Lipid Research☆

Amino acid-containing membrane lipids in bacteria
Otto Geiger, Napoleón González-Silva, Isabel M. López-Lara and Christian Sohlenkamp
Progress in Lipid Research, Volume 49, Issue 1, January 2010, Pages 46-60, doi:10.1016/j.plipres.2009.08.002
→バクテリアにおける、アミノ酸を構造に含む膜脂質のレビュー。
【アミノ酸2】

0 件のコメント:

コメントを投稿